雄平よ大志を抱け!

スポナビからの移転です。これからもよろしくお願いします!

いよいよ……キャンプスタート!

あけましておめでとうございます(激遅)

 

ようやくキャンプが始まります。

スローガンも決まって

2/21にはWBCキューバ代表との練習試合も組まれたりと2023年シーズンに向けて動き始めました。

 

オフシーズンってね……

書くことも無いんで仕方ないんですが

ようやく……ようやくね。

 

まあ、入退団が激しかったりしたら

まだ書くこともありますけど

ヤクルトが獲得したのは新外国人と

戦力外から阪神・尾仲と中日・三ツ俣

現役ドラフトで成田を獲得したくらい

 

大きな穴はマクガフくらいで済んだのは良かったですけど

その穴を果たして埋められるのか。

それはケラだったり新戦力の台頭に期待ですが。

 

高津監督が期待しているのは

2年目の竹山のようですね。

球の力は才能と仰ってましたがその通りですからね。

他の若い選手で言えば市川や長谷川も一軍キャンプスタート。

 

特に長谷川は貴重な左腕のパワーピッチャーなのでね。

故障も空けましたし今年は40試合は投げて欲しいかな。

 

________

 

そして野手の方では

ルーキーの北村が一軍スタートですが

澤井の方はコンディションの問題もあって二軍スタート。

焦る気持ちも凄いでしょうが……

ベストパフォーマンスをする為にもね。

無理せずシーズンに合わせて欲しいです

 

そしてみんな期待の村上ですが。

オフシーズンもとにかく引っ張りだこ

去年の成績が凄かったのでね。

より強い期待はかかりますが……

 

仮に今年40本100打点だと…

物足りないって言われる選手になってしまいましたから。

より強いマークにもなるし去年の成績が人間の出せる99%くらいの数字だったのでね。

 

ただ、村上は。村上なら。

それを越えられる気はしますから。

球界に強く残る100%……いや120%の数字にも期待したいですね。

 

そしてこうなると今年も

村上を打つ前後の打者の重要性は強くなります。

予定では山田とオスナorサンタナ

両外国人に関しては調子がいい方に後ろを打たせれば良いので

怪我とか無ければ大丈夫そうですが

 

やはり気になるのは山田哲人

オフシーズンで自身の悪い癖、不調の原因が分かったから

年が明けるまではノースイングでスイングの癖を消すみたいな事を言っていましたが果たしてどうなるか。。

 

村上もですが

2人ともWBCがあるのでね。

少し早めに仕上げる事にはなりますが

WBCで良い感覚を掴んで帰ってきて欲しいですね。

 

更にヤクルトからは

高橋奎二と中村悠平が選出されています。

4選手とも体的にはキツイでしょうが

良いパフォーマンスを見せて。

良い形でシーズンに入って欲しいですね。

 

それでは。本日はここまで。

次はキャンプかWBCの話かな?

では。また。

 

 

2023年の外国人6人体制は……?

どうもお久しぶりです。

来季の外国人6人が決まったので久しぶりに書かせてもらいます。

 

一先ず。

オスナは3年契約の2年目。

サイスニード・サンタナとは新たに1年契約を結んで……

マクガフも残るのかな?とも思いましたが名簿から外れて。

他球団移籍…では無くメジャー復帰。

バーネットみたいにメジャー復帰ルートを掴んだわけですからね。

向こうでも是非頑張って欲しいです。

 

ただ、このマクガフの移籍は

編成の話からすると

考えていなかったようで急ごしらえでクローザー獲得へ動いていましたね。

そして。新外国人投手を3人獲得。

今季同様に6人体制で望むようです。

 

________________

新外国人は

エスピナル(31) 右・右
ピーターズ(30) 左・左
ケラ(29) 右・右

エスピナルとピーターズは先発。

ケラはクローザー候補です。

 

まずはエスピナルから。

かなり癖のあるアーム投げで

投球を見るとチェンジアップが決め球のピッチャーですね。

ただ…ストレートはそこまで速くないですし…コントロールも良くは無い。

先発をやっていますがチェンジアップは一級品ですし

見ている感じだとショートイニングの方が向いてるんじゃ…とも思いますが

まずは先発で使うでしょうね。

ダメそうなら…中継ぎ転向もアリかなと。

 

2人目はピーターズ。

左投げの先発ピッチャーです。

ストレートは140キロ中盤くらい。

ただ、変化球は多彩でカット、スライダー、カーブ、チェンジアップと持っていますし変化球のコントロールは悪くないですね。

カットやチェンジアップで空振りも多く取れていますし

どちらかと言うとストレートの方が思った所に投げられていない感じがあるくらい変化球が良い。

貴重な左腕ですし先発として頑張って欲しいですね。

 

そして最後はケラ(29)

メジャー実績も十分なパワーP。

ストレートのMAXは159キロ。

決め球は最近流行りのパワーカーブでとにかく空振りを奪えるピッチャーですが…

懸念点は2021年に受けたTJ手術ですね

5月に受けて今年はマイナーで投げる分には投げていましたが…奮わず。

TJ2年目なので賭けではありますがしっかり治せれば。素晴らしいピッチングを取り返してくれると思います。

TJ前のボールは凄いですから。

 

ただ。僕個人としての懸念もあって。

日本に来るパワーカーブピッチャーってボールが合わなくて曲げられない人がいるんですよね。

ケラがボールと合えば良いですが……

それは投げてみないと分からないので

オープン戦でどういうボールを投げるかを早く見たいですね。

 

________

 

はい。簡単ではありますが

3人を振り返って見ました。

 

個人的に1番期待してるのはケラですね

彼が機能するかしないかで順位は大きく変わってくると思うので。

クローザーやセットアップとして機能するケラを見たいですね。

 

そして勿論。

エスピナル・ピーターズが先発枠を激しく争ってくれる事も期待しています。

とにかく投手が足りないので。

3人には頑張ってもらいましょう……!

 

あ、もう今年も終わりますね。

それでは!良いお年を!!

来年もよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

【2022日本シリーズ第7戦】最後の最後に意地を見せるも…敗戦。 オリックスは26年振りの日本一!

ヤクルト 4 - 5 オリックス

勝 宮城(1勝1敗)

敗 サイスニード(1敗)

S ワゲスパック(1勝3S)

 

________

【投手陣】

サイスニードは4回2/3を5失点。

 

初回の初球。先頭打者に被弾。

ただこのボール。低めには投げられていたんですよね。

コース的には甘い所に来ましたけど

高さで言えばボール球。悪くない入りのストレートに見えましたが

ストレート1本で思い切り振られて

持っていかれた形。まあ、事故みたいなもんです。

正直この1点はしょうがないとしか言えないんですけど

昨日のゲーム展開がありますからね

1点ってのが予想以上に重くのしかかってしまったのかなと。

 

で、その後満塁のピンチを背負うも2点目は与えずにその後は快投。

打線の援護を待っていたサイスニでしたが4回ですね……。。

ライト前ヒットを打たれた後。

まさかまさかの連続バントヒット。

これは…サイスニは責められません。

ただ、その後併殺打に打ち取った後の中川に四球を出したところですね。

ここはもうボールが高く来ていましたし2アウト満塁で吉田正尚

ココは……もう田口を持ってきても良かったのかなと。

そういう大事な試合でしたからね。

 

大西は0回1/3を無失点。

 

点差も開いた状況でしたが

3球で打ち取ってピンチ脱出。

素晴らしいピッチングでしたね。

 

田口は2回無失点。

 

吉田の所までって感じで起用されて

2イニングを無失点ピッチング。

5点ビハインドで跨がせるなら……

まあやっぱりその前の吉田の所で…って話ですよね。

こういう大事な試合は後手後手だと…どうしてもやられてしまうので。

 

石山は1回無失点。

 

ストレートの威力もありましたし

スライダーのキレも素晴らしかった。

ただやはりフォークボールは使えなかったシーズンでしたね。

フォークボーラーがスライダーを多投し出すと中々フォークが落ちたくなるんですけど

そういう現象に陥っているようには見えますね。

 

清水は1回無失点。

 

先頭にツーベースを打たれましたが

本塁封殺もあって無失点投球。

シリーズではマクガフのボロが出てしまったので。

来季は抑え清水ってのもあるのかなって思いますね。

登板間隔が空くと調子を落としてしまうマクガフはセットアップの方がいいのかなと。

 

________

【野手陣】

1番塩見は5打数1安打

 

まずは打撃の方から

うーん。宮城から打てませんでしたね

低めのチェンジアップを捨てきれずに簡単に抑えられてしまいました。

ある程度思いきって緩い球は捨ててよかったのかなと。

 

そして…守備ですが……うーん。

まあ塩見の守備範囲があるから追いついた打球ではありましたが

追いついた以上は…捕らないとね……。

グラブにも当てていましたし不規則な打球でも無かったので……。。

 

2番キブレハンは2打数0安打

 

点を取るために2番で

起用してきましたが…2打数無安打。

スイング軌道なんかを見ると浮いてきたチェンジアップ以外は厳しいのかなって感じでしたよね。

低めのボールにも手を出してしまっていましたし

中々、内容の無い打席をしてしまいました。

 

3番山田は3打数0安打1四球

 

8回にチャンスで回ってきたものの三振

本人としてはフォークボールが抜けてきたから思い切り打ちにいったんでしょうが

最後のボールは抜け気味のスライダー

ストレートかフォークって考えていた中だったのでバットに当たらなかったのかなと。

ただ……あの場面はデカイのはいらない場面でしたからね。

繋ぐ為に、もう少しポイントを近くして対応して欲しかったです。

 

4番村上は4打数1安打1打点

 

8回にようやくのタイムリーヒット

角度は付きませんでしたが狭い一二塁間を抜けていく鋭いタイムリーでした

ただ……まあ今日は守備ですよ、。

5回の連続バントヒットは村上のミスでもあります。

1.2塁にしてしまったが為にこれを取り返そうと三塁で刺そうとして…。。

全てが裏目に働いて満塁のピンチに。

ここの2つのプレーはね…デカすぎました。

 

5番オスナは4打数1安打1本塁打3打点

 

4回にもスタンドギリギリの大飛球を放ちましたが結果はセンターフライ最深部。

まあでもストレートに力負けしていませんでしたしその後も期待していましたが

8回に起死回生の3ランホームラン!

この1発のおかげで試合は分からなくなりましたからね。

神宮のファンを喜ばせる最高の1発でした。

そして守備でも5回のゲッツーはお見事

ターン送球も綺麗に決まりましたし

1日通して躍動しまくってくれました。

 

6番中村は4打数1安打

 

まあ、先頭への初球の入りを少し言われるかもしれませんが

1番力のある、自信のあるストレートを投げさせて

高さは悪くないボールでしたが

アレを持っていかれるのは…仕方ない

仮に変化球から入っていてもそれが浮けば打たれますし。

それよりも何とかしたかったのは8回の打席でしょうね。

どんな形であれ。塁に出ていたら

より押せ押せになったので。

比嘉からどうにかして打ちたかったですね。

 

7番サンタナは3打数2安打1四球

 

点差が開いてもしっかりボールを見ていましたし

力強いストレートも弾き返してマルチヒット

唯一凡退になった8回の打席もどうにかついていっていましたからね。

内容も非常にある、見所ある打席でした。

 

8番長岡は4打数1安打

 

1安打に守備では深い三遊間のゴロに対して足を若干持っていかれながらも

素晴らしい送球をしてショートゴロに

このワンプレーは上手かったですね

ただ、9回の最終打席。ここは思い切って代打を送って良かったかなと。

宮本がいましたから。先頭の出塁が絶対とも言える場面でしたからね。

 

________

【途中出場選手】

丸山(打) 川端(打) 青木(打) 内山(打)

 

丸山が8回0アウト1塁の場面で食らいついたセンター前ヒット。

チャンスを広げる素晴らしいヒットでした。

 

________

 

これで2022日本シリーズは終了。

結果としてはオリックスの4勝2敗1分で

26年振りの日本一となりました。

 

去年は逆に4勝2敗で日本一になりましたが見事にやり返されてしまいましたね。

まあ、理由は色々あります。

 

まず、先発が足りなかったり。

マクガフが捕まってしまったり。

そもそも打線が機能しなかったり。

守備のミスが目立ったり……と。

 

色んな課題も

見えた日本シリーズになりました。

短期決戦っぽくない継投や交代も少し気になりましたしね。

 

例を上げるなら今日は後が無い試合でしたから。

5回表に田口を使ってみる事だったり

5回の代打は川端じゃなくて内山を使うだったり。

最終回も長岡へ代打だったり。と。

 

そういう短期決戦らしい目の前の事を考える采配ってのがあまり見えなかったのは少し勿体ないというか、なんと言うか。

シーズン通りに戦っちゃったなと。そう思いました。

 

まあ。この悔しさを糧にしてね。

来年こそは。勝てるように。

その為にはまず、レギュラーシーズンを乗り越えないといけないですし

また長い険しい道になりますが

 

来年もヤクルトVSオリックスなんて事になったら。面白いですね。

ここ2年で一勝一敗なので。

来年こそは!!って思いますよ。

 

そして。今年もやたらと長い

一個人の感想に付き合って頂けて感謝申し上げます。

 

来年こそは。

最後勝って終われるように

より一層応燕していきますので。

これからもよろしくお願いします!

 

それでは!これにてシーズン終了!

お疲れ様でした!!

オリックス・バファローズおめでとう!!

 

 

 

 

 

【2022日本シリーズ第6戦】まずは…点を取らないと。。

ヤクルト 0 - 3 オリックス

勝 山﨑福(1勝)

敗 小川(1勝1敗)

S ワゲスパック(1勝2S)

 

________

【投手陣】

小川は6回1失点。

 

立ち上がりから緩いチェンジアップとフォークボールが良かったですね。

ストレートと縦の変化を主体に打ち取っていたので

時折投げるスライダーも若干高かったものの空振りを取れていました。

そして右打者のアウトコースカットボールも決まっていましたし

5回までは失投という失投も無い素晴らしいピッチングでした。

 

ただ。6回、浮いたチェンジアップを打たれて送られてピンチ拡大。

まあ、それでも中川は1球で打ち取って

吉田は敬遠。ここまでは良かったんですが……杉本にライト前適時打。

ラストボールだけ…中に入ってきてしまいましたね。。

打球が上がらなくて助かったくらいの甘いボールでした。

ただやっぱり…失投は怖いですね。

88球の中で唯一と言っていいほどの失投で試合が決まったんですから。

 

ただまあ…その後は踏ん張りましたし

エースが頑張ってるんだから打ってくれよ……って感じですけどね。。

小川は打席でも粘りを見せていましたし。本当によくやってくれました。

 

木澤は1回無失点。

 

バラツキはありましたが

ボールの力で押し込んで無失点投球。

伏見に対してのラストボールみたいなインハイのシュートを

意図して投げられるようになれば…

より安定したピッチングは出来そうです。

これはコレからの課題ですね。

 

石山は1回無失点。

 

スライダーのキレも良かったですし

ストレートも走っていましたね。

吉田に対しては2球目が中に入ってきたので少し怖かったですが

どうにか力で優りましたね。

ナイスピッチングでした。

 

マクガフは0回2/3を2失点。

 

前回のミスからマクガフを蘇らせるには次回登板でしっかり抑えること。

そんでもって1点ビハインド…と。

この前よりは少し楽な場面で起用しましたが

まあ……色々ありましたね。

 

オリックスの中継ぎ陣は超強力なので

1-0で行かない限りは勝ち目は無いような試合展開で2失点。

絶対に抑えられる投手ってのはいませんけど点の取られ方がね……。。

またしても悪送球による自滅。

蘇らせる為に起用しましたが…うーん

ちょっともうこのシリーズは厳しいかなと。

少なくとも明日はベンチからも外れると思います。代わりにキブレハンを入れるかな……。

 

久保は0回1/3を無失点。

 

少しバタつきましたが

最後は中川を打ち取って無失点。

この久保もねー。もっとシリーズで使ってもいいのではっていう

ピッチングはしていますよね。

明日はサイスニですが場合によっては早めに左×左で突っ込んだりとかね。

全員で死に物狂いで取りにいかないといけないので。

 

________

【野手陣】

1番塩見は4打数1安打

 

初回の先頭でセンター前ヒット。

ただ…チーム単位で安打はこれだけ。

そりゃ……勝てるわけないですよ。

このヒットも併殺打で消えちゃいましたし。

まあでも塩見のバッティングは悪くなかったです。センターフライとかもね

 

2番青木は4打数0安打

 

際どい当たりも打ってはいましたが

結果的には内野ゴロ×4の併殺打1。

先頭が出たのは初回だけだったので

青木の併殺打も試合が進むにつれてジワジワと効いてきてしまいましたね。

 

3番山田は2打数0安打2四球

 

絶不調期は抜けてると思います。

角度自体は付けれていますし。

ただ……3番はダメですね。

今の状態の山田と村上を繋げても何も起こせません。

1番起用の時は山田本人も打ちましたが

そもそも試合にも勝ちましたから。

明日は1番で見たいですね。

 

4番村上は2打数0安打2四球

 

1打席目は完全に打ち損じて内野フライ

そして4打席目の三振は……少し集中力も切れていたような三振でした。

自分自身にかなりイラついているようにも見えますが……

山田と村上が打たないと勝てませんからね。

ただもう。負けたら終わりなので。

縮こまっていても仕方ない。悔いのないプレーをして欲しいです。

 

5番オスナは4打数0安打

 

2度チャンスで回ってきましたが無安打

このシリーズ初の無安打でしたね。

まあ…5戦目の途中から高めのボール球に手を出していたので

調子は落ちてきていると言いましたが

やっぱり今日も高めに手が出ていましたね。

低めはある程度我慢出来ていましたが

山田や村上の状態が良くないので。

負の連鎖的にオスナも窮屈になってしまっているかなと。。

 

6番中村は3打数0安打

 

2アウト1.2塁のチャンスで

アウトコースのボールを引っ張っていきましたがレフト正面。

当たり自体は悪くなかったんですが…

これに関してはハードラックですね……

 

7番サンタナは3打数0安打

 

1打席目のセンターフライは

あわや本塁打という当たりでしたが…

中川のファインプレーに阻まれて無安打。

入っていなかったとしてもアレがツーベースになっていれば。

試合展開は変わったでしょうが

初回からジワジワ…ジワジワと。

オリックスペースに試合が流れていきましたね。

 

8番長岡は3打数0安打

 

2回に素晴らしいダイビングキャッチ。

外野の方に流れていく内野手としては1番難しい当たりでしたが好捕。

素晴らしい守備を見せてくれましたね

ただ、打撃に関しては…うーん。

山﨑福相手で緩い変化球に手を出していたら…相手を楽にさせてしまうなっと感じましたね。

 

________

【途中出場選手】

宮本(打) 丸山(守)

 

________

【明日の予告先発

Ys サイスニード - 宮城 Bs

(18:30 神宮)

 

負ければ終わりの第7戦。

何もせずに終わるくらいなら変えていきましょう。

一先ず…山田は1番で使って。

塩見は2.3番辺りに置いたりね。

キブレハンも使ってもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

【2022日本シリーズ第5戦】取らないといけない追加点を取れず。最後はマクガフが炎上してサヨナラ負け。

ヤクルト 4 - 6 オリックス

勝 ワゲスパック(1勝1S)

敗 マクガフ(1敗1S)

 

________

【投手陣】

山下は5回3失点。

 

緊張感も漂う登板でしたが

しっかりと試合を作りましたね。

センター前のタイムリーに関してもコースヒットでしたし

あの1点は仕方ないかなと。

ただやはり1点取られてからは色んな事を意識し始めてしまいましたね。

明らかなボール球も増えて同点に。

まあ、そこで良く4回は踏ん張ったと思いますが5回に吉田に打たれて

結果的に5回3失点の投球で降板。

 

代えるタイミングとしては同点に追いつかれた後。佐野の所で代えても良かったんですけど

吉田を2打席封じていたので3打席目まで行かせたいって事で続投させたのかなーと思いますが。

結果的に3打席目に捉えられたので。

まあ、そこは全体的に計算が狂ってしまったかなと。

実際2打席目まではしっかり腕を振って投げれてたんですけど

点数も追いつかれていましたし球数も行っていたので若干、威力がね。

コース自体も甘かったですしやってはいけない被弾でした。

まあ、ここで代えずに5回完了まで投げさせてそれに応えたのは立派でしたね。

 

石山は1回1失点。

 

先頭の太田を2球で追い込んだものの

最後はフォークボールを打たれていきなりのピンチ。

やっぱりスライダーの投球割合が増えてから

フォークがあまり良くないですね。

この後にもう一球だけ投げましたがそれも完全に浮いていましたし

今シーズンに関してはストレートとスライダーのコンビネーションしかないのかなーと。

 

清水は2回無失点。

 

抜群の安定感を見せてくれました。

1イニング目は少しフォークボールが浮いていましたが

2イニング目はしっかり修正して

中軸相手に6者凡退の最高の投球。

ストレートも来ていましたしね。文句無いピッチングでした。

 

マクガフは0回2/3を3失点。

 

やっぱり……先頭の四球ですね。

スプリットの高さは良かったんですが

ストレートは指にかかっていないボールが2球続いて四球。

ただまあスプリットは良かったので。

西野に対してはスプリット2球で追い込み最後も少し変化する低めのボール

おそらくツーシームかなんかで

打ち取った…と思ったんですが弾いた後に悪送球。

 

その前のバント処理の送球も怪しかったのでね。

弾いてしまった段階で投げなくてよかったなと……。

で、まあ。続く中川は抑えましたが

吉田にサヨナラホームランを打たれて敗戦。

ココに関してはベンチからどういう指示が出ていたかが気になりますね。

ランナーは埋まっていますが1アウト取れば良いケース。

初球は最高のコースにストレートが来ましたがこのボールで欲を出したのか

低めのボール球を要求して

ただただマクガフが失投したのか。

ベンチや中村は8割方勝負する気は無かったでしょうが

それをマクガフが分かっていたのか。

去年みたいにズルズルと行かれないように落ち着かせるためにもちゃんとしたかったですね。

 

________

【野手陣】

1番塩見は4打数1安打1四球

 

6回に止めたバットに当たった打球が

セカンド・ファースト・投手の間に転がって形としてはドラッグバントのようになって出塁。

まあ、初回もしっかり捉えた当たりを放っていましたし

打撃状態は変わらず悪くないかなと。

 

2番青木は4打数3安打1打点

 

スタメン起用に応える猛打賞。

早いボールに対してもしっかりと振りに行っていましたし

イムリーツーベースは見事な当たり

クッションで弾かれずに転々と転がっていれば塩見も還れたでしょうが

跳ね方に関しては少し不運でしたね。

 

3番山田は3打数0安打2四球

 

打球がね……弱いですね。

6回の2アウト2.3塁の場面で3-1から手を出した球はアウトコースのカット。

曲がりもそこまで無かったので得意な半速球系のボールだったんですが

あれをあそこまでしか飛ばせない。

まあ、上げすぎた当たりではありましたがああいうボールをね……捉えてくれないとね……。。

 

4番村上は4打数0安打1四球

 

1打席目は変化球を意識させられてストレートに差し込まれて三振。

3打席目は2-1から高めのストレートを角度付けれず内野ゴロ併殺(失策)と…

チャンスで2度内容も良くない凡退をしてしまいましたね。

実際、オスナの状態が良いので神宮に帰ってからも思ったよりは勝負してくると思います。

その中で…彼が打てるかどうかですね

 

5番オスナは5打数1安打1打点

 

初回に先制のタイムリーヒット

村上を抑えて少しホッとした所。

初球を打ちに行きましたね。ナイスバッティングでした。

ただ、その後の打席。

5回のチャンスで併殺打に倒れた場面は

比嘉に良いコースに投げ切られて打ち取られましたが

他、3打席の内容が気になります。

これまで手を出していなかった高めのボール球に手を出してしまっていましたからね。

結果的にアウトというのが問題というより

ああいう高さのボールを振っていたら

調子を崩しますよ。

 

6番キブレハンは4打数2安打

 

初回は差し込まれながらもライト前に弾き返してあわやタイムリーヒットという当たりを放ちましたが

杉本の好返球に阻まれて打点は付かず

まあでも良いコンタクトをしましたね

そして7回のVS阿部のケースでもスプリットは何とかバットに当てて。

最後は外のストレートを上手くライト線に持って行ってツーベースヒット。

正直6回の時点で守備固めしていいんじゃと思ったんですけど

結果的に固めなかったからこの1本が出たんですよね。

いやー。素晴らしい1本でした。

 

7番中村は4打数2安打1盗塁

 

チャンスメイクのマルチヒットを記録しましたが……

最低限をして欲しい

7回の1アウト2.3塁の場面では内野ゴロ

2-1と有利なカウントでしたしフォークボールはしっかり見ていて

3球目のストレートに手を出した辺り

ある程度ゾーンを上げているのはよく分かったんですけど

それでも最後は落ちる球に手を出してしまっての内野ゴロ。

1.2球目より若干中に入ってきたとはいえ

見てもいいカウント・高さではあったかなと。。

 

8番サンタナは4打数1安打1本塁打1打点

 

1打席目に甘いボールを見逃さずに左中間スタンドへ特大の1発。

2打席目のサードゴロも強い当たりでしたし1本出て変わったかな。

その後、チャンスでは二度三振しましたが相手も良いラストボールを投げていたのでね。

外の出し入れだとは分かっていたでしょうがストレートか曲げるかは1/2なのでね。

読みが外れたら。ああなります。

 

9番長岡は4打数2安打1打点

 

半速球を打つのはやはり上手いですね

1本目のヒットなんかは長岡らしい巧打でした。

そして2本目は詰まりながらも振り切った結果落ちたようなポテンヒットタイムリーヒット

どんな形であれ追いつけばいい場面だったのでああいう当たりでいいんです

 

________

【途中出場選手】

丸山(走) 山崎(走) 

 

________

【明日はお休みです】

 

最後にここまでの試合で気になる事。

それは…オリックスのパワーピッチャー相手に真っ向から勝負して打ち損じている事ですね。

セーフティーの構えも無いですし

待球する感じもない。それよりかはチームオーダーでファーストストライクのストレートを思い切って振れって感じに見えますが

 

今日の長岡の最終打席なんかも

ああいう内野フライを初球で打ち上げても何にもならないのでね……。

宇田川・山崎颯・ワゲスパック・平野・阿部・近藤・黒木。そこら辺の右のパワーピッチャー相手の目付けをね。

もう少し変えないといけないのかなと

 

三振に関しては仕方ないんですよ。

ただ、その三振の殆どが来た球を振って三振してるのでね……。。

カウントによってはもう少し思い切って捨てたり。狙ったりと割り切りも必要なのかなと。

変化球をマークしながらストレートを弾き返す…みたいなのは難しい球速のピッチャーが多いので。

 

後は高めのストレートをどれくらい意識的に捨てられるかですね。

あそこは振っても飛ばないですから。

 

 

【2022日本シリーズ第4戦】チャンスは作るも9残塁と攻めきれず。敗戦。

ヤクルト 0 - 1 オリックス

勝 宇田川(1勝)

敗 石川(1敗)

S ワゲスパック(1S)

 

________

【投手陣】

石川は5回1失点。

 

立ち上がりは慎重に行き過ぎて

再三ピンチを招いていましたが

どうにかこうにか凌いでいました…が

3回に2アウトからタイムリーを浴びて失点。

先頭の出し方も勿体なかったですが

2アウトまでは漕ぎ着けただけにね……

もうひと踏ん張りしたかった。。

まあでもトータルで見たらね。試合は作っていますし。

ベテランらしいピッチングはしてくれたかなと。

 

木澤は2回無失点。

 

力のあるシュートとカットボールを主体に2イニングを無失点ピッチング。

今日は珍しく右打者相手に外から入れてくるシュートも投げましたね。

まあ、意図して投げた感じはしませんでしたが

今後はより、色んな使い方を出来ると良いですね。

 

今野は1回無失点。

 

変化球が…全く入らなかった。

カーブもカットもフォークも投げた時点でボールって球が多かったです

ただそれでも。どうにか無失点。

ストレートしか無いような状態でストレートで空振り三振を奪えたのは良かったのかなと。

 

________

【野手陣】

1番塩見は4打数2安打

 

初回にヒットで出塁して。

5回には1アウトから3ベースで2度目のチャンスメイク。

やっぱり塩見は1番でこそ輝くなと改めて思う打撃でした。

ただ…山田も1番の方が良いってのがね

ココが本当に悩ませ所なんですよ。

 

2番山崎は2打数0安打1犠打1四球

 

初回のバントもまあ…ミスですね。

結果的にオールセーフにはなりましたがハーフフライを上げてはダメ。

そして5回のチャンスでもねー。。

どうにか前に飛ばしたかった所で三振

フォークを振ってしまう事自体は仕方ないんですよ。

ストレートも速いのでどっちかに張って振るしかないので。

コントロールは良くないのでスクイズもしにくい以上、本当に打つしか無かったんですけど。

良い見逃しもあったのでね。最後はもう少し目線を上げても良かったかなと

まあ、目線を上げていたのに宇田川のフォークの落差が凄すぎて振ってしまったんでしょうけどね。

 

3番山田は3打数0安打1四球

 

まあ、2アウト3塁での三振は仕方ない

あの場面は山崎同様にストレートかフォークのどっちかに張るので

山田はストレートを待っていたんでしょう。

で、フォークが来たので見たんですけど落差を落としたカウントフォークみたいなのが来たので。。

あれを初見で対応するのは無理かなと

 

ただ、初回のサードフライはね……

山岡が自らのミスでピンチを広げた後の1球目。

ストレート1本で振りに行ってカットボールで芯を外されて内野フライ。

この凡退は山岡を落ち着かせましたし

こっちの流れも切ってしまう打席になってしまいましたね…。。

2番山崎・3番山田の流れがこのシリーズは中々機能しないので……

明日は変えた方が良いかなと。。

 

4番村上は3打数0安打1四球

 

チェンジアップにやられましたね。

特に初回の3-1からチェンジアップを引っ掛けたのがね…痛かった。

スライダー系統のボールが多い山岡なので1個前の縦スラかと思って振りに行ったんでしょうが

少し球速も抑えられたチェンジアップを引っ掛けて内野ゴロ。

そして2打席目のチャンスでは縦スラで空振り三振。

チーム単位で…得点圏で打てないですね……。。

 

5番オスナは4打数1安打

 

初回もアウトにはなりましたが

三遊間を抜けそうな良い当たりでしたし

その後は鋭いレフト前ヒット1本。

本当にオスナの打撃状態は素晴らしいと思いますね。

6回の凡退も結果として進塁打になりましたし

あそこはある程度逆方向への意識があったのかなと。

村上の前にも後ろにも置きたいくらい状態が良いですね……。

 

6番青木は2打数1安打1四球

 

スタメン起用に答える2出塁。

今日はチームで2個併殺がありましたが

当たり自体はそこまで悪くはなかったんですけど山岡がしっかり低めに投げていたので角度を付けられませんでしたね。

まともに角度が付いたのって塩見の三塁打くらいでしたから。

 

7番サンタナは4打数1安打

 

打撃状態は悪くないです。

バットの出方も少しずつ良くなってきていますし

センターから逆方向への意識もちゃんとありますからね。

ただ、読みが当たってないです。

読み打ち打者あるあるなんですけど…

当たらない時は本当に当たらない。

指名打者ですし明日は左先発ですしスタメン起用には文句は無いですけど

打順はどうするのか気になりますね

 

8番中村は3打数0安打

 

バットの方では中々安打が出ませんが

安打性の打球を何本も取られているので

.167って感じはしませんね。

リードに関しては相変わらず素晴らしいですし明日も8番……か。

もしかしたら2番なんてのもあるのかなと。

 

9番長岡は3打数0安打

 

打撃は全然ダメって感じでは無いんですけど無安打。

そしてヒットが出ないのが気になっているのか守備でもワンミス。

ランナーを出した状態で吉田に回してしまうエラーでしたからね。

明日以降はしっかり捌いてもらいましょう。

 

________

【途中出場選手】

丸山(走) 宮本(打) 内山(打)

 

丸山が途中出場で

最終回先頭でツーベースヒット。

しっかり振れていますし山崎の状態も考えると

丸山を使う方がベターかなと。

と言うか使わないのが勿体ないくらいですよ。

 

________

【明日の予告先発

Ys 山下 - 田嶋 Bs (18:30 ・ 京セラ)

 

(明日の予想スタメン)

1(中)塩見

2(捕)中村

3(二)山田

4(三)村上

5(一)オスナ

6(右)丸山

7(指)サンタナ

8(左)宮本

9(遊)長岡

 

高津さんなら

何してくるか分かりませんけどね()

キブレハンを使ってくるかもしれないしどうしてくるか…。。。

 

 

【2022日本シリーズ第3戦】復活の山田!高橋も6回無失点の好投で連勝!!

ヤクルト 7 - 1 オリックス

勝 高橋(1勝)

敗 宮城(1敗)

 

________

【投手陣】

高橋は6回無失点。

 

立ち上がりは荒れていたんですけど

どうにか乗り越えられた結果。

高橋らしい投球を少しずつ取り戻していきました。

ピンチを作ってからはギアを上げて力のあるボールを投げ込めていましたし

今日は高めから曲げる変化球を良く取ってくれていたのでね。

審判のジャッジもプラスに働きました

8戦目がある場合は高橋が投げるでしょうから少し早めの降板になりましたが

高橋らしい。映像越しにも勢いを感じるパワーピッチングでしたね。

 

石山は1回無失点。

 

変化球で簡単にカウントを整えられていたんですけど

ストレートを2安打されてしまいました

まあ、若干甘くは入っていましたが

ストレート系を狙っていたような待たれ方でしたね。

 

清水は1回無失点。

 

今日はカーブが多かったですね。

点差もありましたが、シーズン後半の大事な試合から緩いカーブの投球割合が上がっているんですよ。

思ったより使えるから使っているんでしょうけど来年はシーズン頭から増えるんですかね?

 

久保は0回1/3を無失点。

 

日本シリーズ初登板でワンポ成功。

点差もありましたし慣らしみたいな

登板でしたが見事に抑え切りましたね

場合によっては吉田正の所で使われる可能性もあるのでね。

良い感覚で投げていて欲しいです。

 

小澤は0回2/3を1失点。

 

小澤も使って見た感じでしたが

いきなりの3連打で1失点。

その後も特大の当たりを打たれたりと

かなり危なっかしいピッチングでしたが1つの経験にはなったのかなと。

小澤の現状態も見れましたしね。

 

________

【野手陣】

1番山田は4打数2安打1本塁打3打点1四球

 

まさかの1番起用でしたが

1打席目のサードゴロも角度は付かなかったものの

悪くは無い打ち方だったので

神宮の時よりは期待出来るのかなと見ていましたが

2打席目にラッキーな内野安打でこの日本シリーズ初の『H』ランプ点灯。

この1本でね……本当に楽になったか

次の打席ではインローのストレートを完璧に捉えて先制の3ラン……!!!

やっぱり…山田が打つとチームの雰囲気は変わりますね。

明日の打順に関しては逆に困った迄ありますけど

復活を感じさせる活躍でした。

 

2番宮本は4打数0安打

 

山崎に代わっての

スタメン起用も無安打。

状態自体はそこまで悪く無く見えましたが単純に宮城の方が良かったですね

まあでも明日は山岡ですし。スタメンのままでいいかなと。

 

3番塩見は3打数0安打2死球

 

山田の状態が悪かったというか……

村上の前を打つとプレッシャーが凄いって話では…って感じがしますね。

塩見もシーズン中は稀に3番を打っていましたが中々打てていませんでした

まあ、今日は2打席死球で出ましたし

明日も3番で出るでしょうけど

短期決戦なので。打順は深く考えずに自分のスイングをして欲しいですね。

 

4番村上は4打数2安打3打点1四球

 

宮城から逆方向へツーベースヒット。

1.2打席目は緩いカーブが気になって打ち取られましたが

3打席目はしっかりと捉えましたね。

今日はフリーで柵越えを狙わずセンターから逆方向へ強い打球を打っていたらしいので。

本人としても狙い通りだったかな?

そしてその後は押し出し四球と2点打。

オスナの状態が良いだけに。こうなってくると本当に打線は繋がりますよ。

そして今日は…守備も素晴らしかった

ダイビングキャッチは勿論ですが

4回のライン際の打球を捌いてセカンドでアウトを取ったのは…凄かったですね!

 

5番オスナは4打数2安打1打点1四球

 

低めの変化球を

よく我慢していますねぇ……。。。

2安打も共に良い当たりでしたが

比嘉から四球を奪った打席が1番凄かったです。

あの感じだと。このシリーズは好調のまま終われそうかなと思いますよね。

 

6番中村は5打数1安打

 

バッティングの方では

中々コンタクト出来ていませんが

やはりリードは……一級品ですね。

基本的に強気なリードなんですが交わすところは交わすし……。

オリックス打線がヤクルト投手陣と言うより中村と対決しているような感覚さえありますね。

 

7番サンタナは4打数1安打

 

1打席目に打ち取られたチェンジアップを2打席目は狙っていましたね。

こういう読み打ちが出来るのがサンタナの売りですから。

読みがハマる時は固め打ちしますし

4.5戦目のどちらかでは爆発しそうですけどねー。

 

8番キブレハンは2打数0安打

 

対左という事でスタメン起用でしたが

2打席無安打に終わって途中交代。

5回の0アウト1.2塁の場面でねー。何とか結果を残せればよかったんですが

2ボールから真ん中に入ってくるカーブを我慢出来ずに打ち上げて内野フライ

まあもう、あの球は…捨ててよかったのかなと。

緩いカーブを捉えるのは難しいのでね

 

9番長岡は4打数0安打

 

5回の1アウト1.2塁の場面では上手く打ったんですけど…もう1つ。

パワーが足りずにハーフライナー

まあ、安打が出ないのは最悪良いんですけど

7回のバスターエンドランで打ち上げてしまったのは……いけません。

せめて転がさないとね……。。。

 

________

【途中出場選手】

山崎(守) 丸山(守)

 

山崎がセンター前ヒット1本。

 

丸山はドラッグバントでの内野安打と

バスター気味で上手く打ったセカンド強襲のヒット。

8回には華麗なスライディングキャッチも見せてくれましたし。

攻守で活躍してくれましたね

 

________

【明日の予告先発

Ys 石川 - 山岡 Bs (18:30 ・ 京セラ)